FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の現し

昨日は「金環日食」でテレビも各局こぞって映していた。
唯一「テレビ東京」だけは通常のアニメ番組を放映してた
とかで話題になったとかならないとか・・ (笑)

私は、前の晩のテレビのロードショー「プレデター」を
最後まで視聴すべく挑んだが、途中でギブアップして
床に入ってしまったが、だからといって今朝は特別早く
起きたわけでもなく(苦笑) 日食の影響で気温が低く
辺りが妙にセピア色に見えたのが印象的だった。

そもそもあまり日食や月食の類が好きでなく、何か
地球と月の引力関係(潮の満ち引き)や磁場や重力に
何らかの影響を及ぼすのではないかと不安な気持ちに
なる。そうでなくとも地球上の環境は温暖化のせいか
何なのか、数年のうちに激変してきているように思う。

日食を肉眼で直視したせいで目に何らかの刺激を受け
一時的に視覚障害を受けた人が十数人あったそうだ。
太陽は直視してはいけないと教わらなかったのだろうか。
私が子供の頃は敷板(下敷)にすかして太陽を観察した
ものだった。太陽の形がハッキリと丸く見てとれて
ちょっと感動したものだ。月も太陽も肉眼でその形を
ハッキリと見てとれるのに肝心の地球の全形は地球に
いる限り確認出来ない。残念だ。

太陽が隠れてしまったら大変だ。単純に考えても
米が採れない。野菜もとれずに高騰。人類は食料不足に
あえぎ飢餓に陥る。イコール心は荒み犯罪や暴動を
引き起こす要因となる。ゆえに昔から人類は太陽を
崇拝し神としてあがめて来たのだろう。

当たり前に感じているものが当たり前でなくなった時
人々はどう考えどう行動するだろう。
マクロなものの変化に対する心の準備は、一晩では
到底出来ない。受け入れることすら出来ず、ただあえぐ
だけしか出来ないかも知れない。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。