FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

90歳の伯母 がんばる!

先週の半ばの事 
80歳のうちの母が

「お前、今どこ居らん?
 入院中の○○(母の姉 私の伯母)が今夜が峠だって・・
 とりあえず病院まで送ってくれ 
 今夜は泊ると思う」

と電話で告げてきた

夕方病院まで母を送って仕事の都合があり一旦戻った
夜になって母が携帯から電話を掛けてきた

「親戚筋がみんな見舞いに駆けつけているから・・」

むろん仕事がきまりが付けば駆けつけるつもりではいたが
これほど早くいっちゃうのか・・・ と
目頭が熱くなる思いで病院に駆けつけた

伯母には小さいころからかわいがってもらった覚えがあった
伯母自身も若い頃から苦労があったそうだ
それは母から聞いていた

「人は悲しみが多いほど 人には優しくできるのだから 」
という海援隊の贈る言葉の歌詞の一節が脳裏をよぎった

父は7人兄弟で他界は3人 
母は6人兄弟で他界は3人 

遠い将来ではない時間の中で
大切な人たちとの永久の別れが準備されているのだが
でもそれも時の流れの中のあらかじめ決められた事
最初から、そうなんだ と思ったら
なんて自分はちっぽけな存在なんだろって思った 




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。